まずは削減調査から始めましょう!

広島エスコの電子ブレーカー調査の調査可能物件

調査が可能な施設最低限必要な容量
賃貸マンション・共用部6KW以上
分譲マンション・共用部6KW以上
賃貸ビル・共用部6KW以上
タワー式立体駐車場(EV式)15KW以上
ガソリンスタンド15KW以上
パン菓子製造所15KW以上
生かき加工場(打ち場)15KW以上
クリーニング工場15KW以上
コインランドリー15KW以上
自動車整備工場15KW以上
各種の工場15KW以上

上記のように弊社では

  • マンション、ビルの共用部は「6KW以上~」で、必ずエレベーターが付いていること。
  • その他の施設は「15KW以上~」が、電子ブレーカー調査の調査対象となります。

毎月来ている電気料金明細書の「低圧電力」「契約電力KW」でご確認下さい。

電気料金明細書

お気軽にお問い合わせください。082-881-0650受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ

広島エスコ株式会社の電子ブレーカー業務方針

営業方針

企業理念>をご覧ください。

削減調査方針

  • 現地調査時には可能な限り、調査対象の動力設備のモーター等を目視で確認します。
  • 「稼働時の実測値」を計測いたします。その時「実測した稼働時のデータ」はお客様に後ほど確認して頂けるよう、できるだけ「記録に残る方法」で収集致します(お客様に対して、エビデンス(根拠)を大切にしたご報告をする)
ブレーカー容量(KW)の選定方針

  • 上記で実測した「実測値」に、経年劣化による発生電流値の上昇分等を加え「安全値」を各動力設備に設定いたします。
  • 容量(KW)の選定時には、100%以上の安全性が確信できる容量(KW)を選定いたします。また選定時には「安全第一・削減第二」の考え方を徹底いたします。
  • 「たかが1KWされど1KW」プロとして「1KW」にこだわり、責任を持ちます。
ご提案書作成方針

  • ご提案書作成時には「なぜ、その容量(KW)の電子ブレーカーを選定したか?の理由」を必ず文章にしてご報告します(文字にして残すことへのこだわりと責任)
  • 電子ブレーカーの価格設定は(どこにも負けないような)良心的な価格をご提案します。
設置工事方針

  • 中国電力への申請等、設置するために必要な手続き等は、広島エスコ並びに提携電気工事会社で行います。
  • 設置工事に伴う、動力電源の停電や動力設備機器の使用休止に関する各種「お知らせ」は全て広島エスコで行います(入居者や動力設備の保守点検業者、警備会社などへの連絡)なお、実際の動力電源の停電時間は、15分~25分ぐらいです。
  • 設置工事は電気工事士の有資格者が行います。
  • 工事時には、広島エスコからも一名立ち合います。終了後には設備の「稼働確認」を行います。
  • 設置工事現場にお客様がご同行されている場合には、電子ブレーカー設置後、実物を見ながらご説明をさせて頂きます。
  • 万一に備え「緊急連絡先シール」「トリップ(遮断)時のブレーカーレバーの操作方法シール」を電子ブレーカーの直近に必ず掲示します。
  • 設置工事終了後には「写真付きの工事完了報告書」を必ず発行いたします。
アフターフォロー方針

  • 次回(15年後)も広島エスコで買い替えて頂けることを目標に掲げ、末永くアフターフォローして参ります。

削減調査(電子ブレーカーの容量(KW)調査)の写真[マンション共用部の事例]

マンション共用部のエレベーターと給水ポンプの「稼働調査」を行っている写真です。
右上に電気メーターが2つありますが、右側が対象となる共用部の「動力(低圧電力)電気メーター」です。

左の写真をアップにしたもので、向かって右側がエレベーター(の電流値)・左側が給水ポンプ(の電流値)を「クランプ(オレンジ色の輪)」で計測しているところです。

お気軽にお問い合わせください。082-881-0650受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ