お客様からよくお問い合わせいただくご質問の回答をまとめています。
その他のご質問やご不明な点等ございましたら、お問い合わせください。

電子ブレーカー Q&A

電子ブレーカーについて

「低圧電力(動力)電気料金」の中の「基本料金のみを削減」するためだけに開発された「デジタル遮断式のブレーカー」のことです。「CPU(演算機能)」などの電子部品が内蔵されていることから「電子ブレーカー」と呼ばれています。詳しくは電子ブレーカーのページをご覧ください。

広島エスコ調べでは、2003年12月に特許申請が特許庁長官に出されていることから、2003年か、遅くとも2004年には販売がスタートしたものと思われます。

電子ブレーカーには「PSEマーク」や「電気安全環境研究所」などのお墨付きが付いています。しかも歴史もあります。2000年代後半頃にいわれていた「マユツバモノ」や「キワモノ」などではありません。「正しい業者から正しく買って正しく付ければ本当に良い物」なのです。ちなみに広島エスコは、2006年3月から2021年2月末までに500台以上を販売しておりますが、1台も故障しておりません。又、分譲マンションやガソリンスタンドなどの業界では、2010年頃から「電子ブレーカーは付いていて当たり前」というほど「常識」になっており、今や「必需品」になっている。と言っても過言ではありません。

日本全体での利用率はわかりませんが、ガソリンスタンドや分譲マンションの業界では、50%以上の設置率になるだろうと思われます。ガソリンスタンドは2004年から、分譲マンションは2006年から本格的に設置されるようになり、高い信頼性と削減効果が広く認められています。

電子ブレーカーは日本全国どの地域でも設置できます。また、新電力と契約されているお客様でも問題なく設置できます。

電子ブレーカー調査のご依頼→調査実施→調査結果のご報告(ご提案)ご契約→中国電力へ申請→電子ブレーカー取付工事→中国電気保安協会の現地検査→代金のお支払い電気料金明細で容量変更(KWが下がっていること)の確認


※太字部分・・お客様のご対応が必要な箇所
それ以外の項目は、全て広島エスコと取付電気工事会社で対応いたします。
なお、電子ブレーカー調査時には関連する「電気料金明細」を確認させて頂きます。お手数をおかけいたしますが、調査時には「電気料金明細」をご準備ください。

広島エスコの場合は、ご契約日から3週間前後に設置工事を行っています。設置までには「電力会社への申請」や「(入居者さんへの)設置工事に伴う(エレベーター等の)動力設備の使用休止(日時等)の連絡」を行います。

取付られます。電力会社が中国電力の場合との違いは「あん分(日割り)計算」が適用か、適用していないかという違いだけです。お気軽にお問合せください。

取付後いつから基本料金は下がるかについて、契約されている電力会社が中国電力の場合は、取付たその日から下がりますので、「あん分(日割り)計算」が適用されます。ただ、中国電力以外の電力会社と契約されている場合は、一律にはいえませんが、多くの電力会社が「あん分(日割り)計算」を取入れていないため、取付た後の最初の検針日から基本料金が下がる(対象になる)ことが多いようです。

電子ブレーカーの投資回収期間は、「電子ブレーカー購入額÷月間基本料金削減額」で計算しますが、物件によって削減額に大きな差が生じてくるため、一概にはいえません。ただ、弊社の場合は「投資回収期間が4年以上かかる場合には、おすすめ自体をしない」ことになっているため、長くても投資回収期間は「4年以内に収まる」といえます。

電子ブレーカー本体自体は、どこのメーカーの物が良くて、どこのメーカーの物が悪い。といったことはありません。
電子ブレーカー購入(導入)の良し悪しは『どこの販売業者から買うか?』で全てが決まります。
『電子ブレーカーは、正しい業者から正しく買って、正しく付ければ素晴らしく良い物なのです』これは実際に購入(導入)されたお客様の声です。

お気軽にお問い合わせください。082-881-0650受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ